どうにかなるっちゃん。

1日1日を少しでも「やったったぜ」と思えるものにしたいんです。

ペルソナ英語part6 盛り上がってきた。

☆That's just messed up 

/どうかしてるよな。

(事件の起き方に対する反応)

 

messed upは混乱しているや失敗したみたいなニュアンス。

That's messed up/それはひどいね。がよく使われるフレーズ。

check it uout!!!!

 

I drunk too much and forgot to bring back my bag!!

oh really? That's messed up!!的な感じで使いましょう。

 

☆I listened the lecture intently

/授業を真面目に聞いた。

(主人公が抗議にて)

 

☆Oh you know about the local delicacy

/あ、ここの名物(ご馳走)知っているか?

(友人の紹介)

 

☆Her family runs a liquor store in the shopping district

/彼女の親が商店街で酒屋やってるの。

 

☆It is supposed to be like, mimicking an excution? It's messed up.

/処刑の真似事のつもり?無茶苦茶だわ。

(クラスメイトの感想)

 

supposed to be は主に決まりごとを話すとき。

規則や期待など。

例えば、

I was supposed to go shopping, but I couldn't.

you are supposed to wear suit to this event.

 

 

☆what's that supposed to mean?

/どう言う意味だろうか?

what's that?

/なにそれ?

 

what's thatはわからないものが身の回りにあるとき

それは何?あれは何?と尋ねる超便利な言葉。

 

☆How should I know?

/知るわけ。

 

☆what's going on?

/なにしてるの?

 

意味は二つ

何してるの!?!?(驚き)

調子どう?(like how are you?)

 

これも案外使えそう?

 

☆You helped me out this morning, so it's on me.

/今朝助けてもらったし、奢るぜ。

(友人がおごるって)

 

☆How's it going? You look beat.

/調子どう?(どうしたの?)疲れてるね。

(先先輩への言葉)

 

☆What if the culprit behind it is still lurking around?

/まだ犯人がこの辺をうろついていたりしてな。

culprit = victim  犯罪者

lurking 潜んでいる

(友人の冗談)

 

☆You are making such a stink about it

/あなたが騒ぎを起こしている。

make a stink 騒ぎを起こす。

(報道陣に対する親父の反応)

 

 

It really is a bizarre case isn't it? 

/これは非常に奇妙な事件だよね?

(クラスメイトの会話)

 

☆so far, no one has come forward to take credit for the crime.

/今の所自分が犯人だという声明が出ていません。

(ニュースの文)

 

☆Kind of/なんとかね、そんな感じ(はぐらかす、ぼかすニュアンス)

 

☆Definitely/もちろん!!

 

☆I've just gotta see my konfu movies on the big screen. (

/大画面でカンフー映画見なきゃだしね。

 

☆Wait..What that???/待ってあれなに??(クマが出てくるとき)

 

☆oppressive atmosphere/重い空気(テレビの中の世界)

 

☆You still feel sluggish/まだ体が気だるい。(テレビの中から帰ってきた後)

 

☆That's preposterious!!/めちゃくちゃだ

 

☆What? this bear is driving me nuts!!/何?このくまイライラするな!

 

I don't get it. /よくわからない。

 

☆This is so lame/だっせー。