読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうにかなるっちゃん。

1日1日を少しでも「やったったぜ」と思えるものにしたいんです。

ペルソナ英語part2 オープニング

名前つけて始まるぞーってところまでで

わんさか重要そうな文章があったのでピックアップしてみます。

実際に口語として使えそうなものをできるだけピックアップしていきます。

(読んで何となくわかるだけでOKな単語もあると思うからです

 →英語マスターしたいなら別だけど。)

 

以下長っ鼻おじさんのセリフから抜粋

 

 

For those who are less than confident in their skills. Don’t get too worked up.

 

☆ those who で不特定多数の人やモノを指すみたいです。

そしてFor those who を用いることで 〜な人 に向けて何かを言えます。

口語ではthose をpeople にして使う人が多いみたいです。(両方あるけども)

なので今回は自分の好みでpeopleを使って使えそうな例文作ってみます。

 

For people who don't know me, I'm guy.

People who are interested in me, I have to give you guys advice about my confidential information. I'm guy...

There are many people who are talented in my university.

 

なんか使える気がしてきました。。例文を作る時はなるべく自分が遭遇しそうな状況を想像して作る方がいいと思うんだけどどうしてもふざけたくなる。

 

☆less thanはよく聞くmore than の反対「〜より少ない」って意味です。

簡単だけど使えそうなのでpick up!


Our baggage must be less than 10 kg.

we have to be less than 5 people to join that team.

 

空港とかで使われそう?使えそうですね。人数やモノをカウントするときも便利。

 

 

 

I’m delighted to make your acquaintance

これはそのままそっくり使えそうですね。ちょっと堅苦しいのかな。

年配の方や恐そうな人には丁寧にこれを使ってもいいですね。

普段ははI'm glad to make your acquintance or I'm glad to meet you.

でいいんじゃないかと思います。

 

 

Now then, why don’t you introduce yourself?

これもそのままそっくり使えそうですね。

now thenは さて です。さて、あなたのことを教えてよ 的なニュアンスです。

親しい間柄に使うべきですね。why don't we 〜 〜しませんか?もあります。

これはきっとすごく使えます。

例文作ってみます。

 

どんな時に使えるか、旅行に行って友達にアドバイスするときに英語で

why don't you buy this for ...? あっごめん英語で思わず、、

みたいなこと話してもイケメンです。

 

何するかどうしようかなーって話に必ずなります

そんなとき

why don't we get drunk at beach?

why don't we meet up here at 7pm? とか言えちゃいますね

 

 

 

ペルソナいきなり実用的な英語バンバンで嬉しいです。

ただ、メモりながらやっていたらオープニングに一時間かかりました。

先が思いやられる。。。